引越し業者の選び方

a1380_001086

もうすぐ春ですね。

卒業、入学シーズンで4月から新しい生活を始める方も多いと思います。

4月から新生活を始めるとなると引越しは3月になります。

引越しには手続きやら準備やらいろいろやることもたくさんありますし、お金もかかります。
脱毛のおすすめはキレイモ横浜
引越し代をできるだけ安くしたいというのは当然だと思います。
しかし果たして料金だけで選んでしまっていいのでしょうか?

安いだけで選んでしまうとトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
優良で信頼できる業者を選んでお願いしてください。

ここで失敗しない引越し業者の選び方のポイントを教えたいと思います。

まず悪徳業者の見分け方です。
・引越し業者の車のナンバーを確認する。
通常引っ越し業者の車だったら緑色の一般貨物自動車運送事業者用のプレートか、黒色の貨物軽自動車運送業者用プレートのどちらかです。

それ以外の黄色や白の場合は陸運局より許可の下りていない業者になる可能性があります。
許可書を見せてもらうなど確認してみてください。

違法な業者を利用してその業者による物損、紛失等のトラブルは保障がうけられません。
さらに違法業者を利用したとして利用者側も違法となりますので十分注意しましょう。

・内金や手付金を要求してくる
手付金や予約金は国土交通省が原則禁止しています。
悪徳業者は当たり前のように要求し、依頼者側がキャンセルしづらい状況を作るのです。
但し引越し料金の前払いは違法ではありません。契約書をよく読んで確認しておきましょう。

・引越し運送約款を提示しない
国土交通省がだしている「標準引越運送約款」というものがあります。
これは見積もりの際必ず提示する義務がありますので確認しておきましょう。
約款には次のような内容が記載されています。
見積もりは基本無料
内金、手付金は支払わなくてよい
引越しのキャンセルは2日前までならキャンセル料はかからない
引越し業者によって家財や部屋に傷がついたり破損した場合は引越しから3ヶ月以内で あれば保障される。
その他にもいろいろ記載されていますので見積もりのときに提示される約款は必ず確認しましょう。

トラブルの回避策は訪問見積もりにあります。
ネット見積もりで比較し何社か目星をつけたら、引越し業者に来てもらって見積もりをだしてもらうことをおすすめします。
ネット見積もりはあくまでも概算です。
立地や建物の構造でも料金が変わってくるので見積もりトラブルにならないためにも訪問見積もりをしておきましょう。
その際悪徳業者かどうかの見極めもできると思いますよ。

新生活をはじめるための第一歩
その作業で損をしたり嫌な思いをしないためにもしっかり引越し業者を見極めて気持ちのいい引越しをしましょう。