引越しの準備


いざ引越すとなると色々な準備や手続きなどやらなくてはいけないことが沢山あります。

まず引越しの日程、時間等を決めましょう。

日取りや時間帯 プランによって料金が変わりますので十分確認して決めるとよいでしょう。

そして日取りが決まったら必要な手続きをはじめます。

・転出届け
現在住んでいる市区役所への転出届は必ず必要な手続きです。
引越しをする2週間前から当日までに現住所の市区役所が受け付けています。
転出届を提出すると転出証明書が発行されます。
転出証明書がないと新住所への転入手続きができませんので忘れないようにしましょう。
また国民健康保険に加入している場合はこの時に一緒に手続きを済ませておきましょう。
転出届けに必要なものは、印鑑、顔写真つき身分証明書、国民健康保険証(加入者のみ)、引越し先新住所です。
なお、代理人が届け出る場合は委任状が必要をなります。

あと同じ市町村での引越しの場合は転出届はいりません。
引越し後14日以内に転居届を提出してください。

・電気、ガス、水道などの手続き
電気、ガス、水道などを止める手続きも必要です。
引越し日が決まったら 電力会社、水道局へ電話をすれば手続き可能です。
ガスの停止はガス会社の人が家にきて閉栓しますので事前に予約するようにして下さい。

・郵便物の転送
引越しの際近くの郵便局窓口で転出届を提出すると旧住所宛の郵便物を一年間新住所先に転送してくれます。
窓口では旧住所が確認できる運転免許証や住民票が必要です。
この手続きは日本郵便のホームページからも申し込みができます。

・学校での手続き
公立の小中学校に通う子供がいて学区外に引越しをする場合は転校することになります。
手続きとしては・・・
学校に転出する棟を連絡
学校から在学証明書、教科書給与証明を受け取る。
現住所の転居手続き
新しい住民票を教育委員会に提出→入学する学校が指定され転入学通知書発行
指定された学校に転入学通知書と在学証明書、教科書給与証明書を提出
転校 となります。

・ゴミ、その他の手続き
いらなくなった粗大ごみはすぐ捨てられるとは限りません。
なるべく早めに処分しはじめないと引越しに間に合わなくなってしまいます。
市町村の清掃事務所に回収の依頼をし日程を決めとりにきてもらってください。
エアコンやテレビ、冷蔵庫などはリサイクル品になりますので引越し業者に相談してみてください。処分してくれるかもしれません。(見積もりの時に相談しましょう。)

引越しにまつわる手続きはまだ他にもあります。
クレジット会社や銀行、保険、新聞配達、NHK,携帯電話会社などなどたくさんあります。
電話一本で済む場合もありますし、書類などが必要となる場合もありますので、引越しが終わったら忘れないうちに一気に手続きしておきましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。